亀頭増大ガイドではペニスサイズに悩む男性のために徹底的に増大術について調査した情報を紹介しています。

ペニスを大きくして包茎改善

亀頭増大術や長茎術などでペニスをサイズアップすることは、包茎状態の改善にも繋がります。

「ペニスが大きくなったら包茎が治った」

という話は珍しくありません。

そもそも、幼少期や少年期の頃の男性器はすべて包皮に覆われており、それが成長に徐々に亀頭が包皮から露出していくのです。

このとき、包皮が少しばかり長かったら仮性包茎気味になってしまいますし、包皮と亀頭が癒着していれば真性包茎気味になってしまうのです。

逆に考えれば包皮を気にしないような亀頭にすることさえできれば、包茎状態を脱却することができるということです。

そのため、包茎に悩む人がペニス増大に励んでいるという話は珍しくありません。

中でも一番人気があるのはやはり「メンズクリニックでの長茎術」です。

色々なクリニックで受けることのできる長茎術や亀頭増大術と呼ばれる手術でのペニス増大は多少お金はかかるものの即効性と確実性に優れている増大法なので多くの人から支持を得ているのです。

また、長茎術は多少お金がかかると言っても包茎手術よりも安い費用で済むことがほとんどです。

これも選ばれる理由の一つです。

亀頭増大で包茎治療することの注意点

ペニスを大きくすることでの包茎治療には注意点があります。

その注意点とは【亀頭増大をしてもすべての包茎を治療することができる訳ではない】という点です。

これはメンズクリニックで受ける長茎術や亀頭増大術だけでなく、ペニス増大系精力剤を服用した場合や器具でのサイズアップ、エクササイズ・マッサージをした場合などの全てのペニス増大に言えることです。

実は亀頭増大をしても真性包茎とカントン包茎は改善することができません。

つまり、仮性包茎や埋没包茎、老人性包茎しか治療することができないのです。

真性包茎は亀頭と包皮が癒着しており、亀頭を露出することができない状態を指します。

つまり、亀頭を大きくしたところで包皮とはくっついたままだし、そもそも包皮と亀頭を剥離させなければペニスは思うように大きくなりません。

カントン包茎は包皮が亀頭を締め付けてしまうことが問題の包茎であり、増大術などで亀頭を大きくしてしまうことにより逆に症状が悪化してしまうこともありま。

これらには以上のような特徴があり、単にペニスを大きくするだけでは意味がないのです。

真性包茎とカントン包茎はメンズクリニックで受ける【包茎手術治療】でしか治すことができません。

PAGETOP