亀頭増大ガイドではペニスサイズに悩む男性のために徹底的に増大術について調査した情報を紹介しています。

亀頭増大でED改善

ペニスを大きくして脱・ED

亀頭増大術や長茎術などでペニスをサイズアップすることは、ED(勃起不全)の改善にも繋がります。

年々、EDに悩む人の数は増えていっています。

少子高齢化がすすんでいるので当たり前と言えば当たり前のことで、40代以上になれば5人に1人の割合で勃起しないもしくは勃起しづらくなっている状態です。

そのEDの原因によって

  • 器質性ED(血管や神経の障害が原因)
  • 心因性ED(ストレスやコンプレックスが原因)
  • 混合型ED(器質性ED+心因性EDが原因)
  • 薬剤性ED(特定の薬剤の服用が原因)

と4種類に分類することができます。

中でも「器質性ED」と「心因性ED」に悩んでいる人は多く、EDに悩んでいる人の8割以上がこの器質性EDと心因性EDが原因です。

どちらも歳を重ねることで罹患しやすくなるのですが、亀頭増大をすることで症状を食い止め、再び勃起しやすいペニスを手に入れることができます。

亀頭増大と勃起不全

器質性EDの原因は血管や神経の障害で、動脈硬化が最も代表的な原因です。

動脈硬化になってしまうと、血管が十分に広がらないため血流が悪くなり、結果として海綿体全体へ十分な血液が流れ込まないためEDが起きやすくなります。

また、高血圧、高脂血、高血糖、糖尿病などの生活習慣病や現代病でも血のめぐりが悪くなりEDを引き起こすことが考えられます。

この厄介なEDは実はペニス増大作用のある精力剤を服用することで治療することができます。

なぜならペニス増大を目的とした精力剤のほぼすべてが血管のトラブルを解決することができるだけでなく、有効成分が働きペニスの状態を正常にすることができるからです。

また、心因性EDもペニスを大きくすることで治すことができます。

心因性EDはストレスやプレッシャー、コンプレックスが原因で勃起しなくなることですが、その心労の原因が短小という場合は多々あります。

ペニスサイズはそのまま男のプライドの大きさに直結するものであり、大きいと自分に対して自信を持ちやすいですが、逆に小さいと卑屈になりやすいという統計データが出ています。

そしてその卑屈さが心因性EDの元になっているのです。

つまり、逆に考えるならばペニスを大きくすることは卑屈さ――心労を取り除くことに繋がるので、結果として心因性EDを治すことにも繋がるのです。

PAGETOP